冬こそ強い遮熱材

 

写真は昨日退社時の工場室温

18度

この室温が次の日の朝、出社時に何度なのかをお見せ致します。

13・8度です。

外気温7度の約倍

空気が動かないから暖かい。この状態からエアコンをつけても直ぐに工場は暖まります。

遮熱工場ですから温まる速度も一瞬です。

原油が高くなる一方でランニングコストをかけずにイニシャルコストをかけて永久的な節約的貯蓄を可能なのがリフレクティックスです。

今年の異常的な暑さに一部上場企業がリフレクティックスに興味・施工を本気で始まっています。

弊社案件では、昨年施工の遮熱住宅のお施主様からも10月のオール電化電気代が¥8829円!

子育てママが一日中家にいる住宅の電気代。

もう一つ驚愕なのが去年も今年も  結露 しない。リフレクティックスの特徴です。

工場の朝1室温です。

弊社工場はいつでも見学可能です。本物の遮熱を1度体感しに来てください。

高価なエアコンつけても工場が現状ではランニングコストが増えるだけではないのでしょうか。