コンサル

月初の金曜日は、毎月恒例のITコンサルM氏との打ち合わせです。このM氏ですが出会って約5年の付き合いで、信田の遮熱デモンストレーションを一番聞いている人なのは間違いない(o^―^o)ニコ ひどいときは毎月毎月聞かされている(強制的に)遮熱を誰よりも知っているITコンサルといっても過言ではありません。 そんな彼と昨日も打合わせを行いましたが、盛り上がりすぎて時間オーバーも最高の打ち合わせになりました。

毎回、基本的にはHPの打ち合わせなのですが、最近はコロナ過の影響もあり板金屋といえどもITについていかなくてはならず、試行錯誤を繰り返して問題が起こっても自分なりに解決しようと必死に食らいついています。

そんな成長にもⅯ氏は気付いてくれていて、今までなら全部丸投げであった事にも解決方法を自分なりに模索できるようになりました。もちろん、壁にぶつかることも沢山あります。プロの力は強力ですね(^▽^)/ いつもありがとうございます。

気付いている方も見えられますが、昨今は、企業としての提案力が重要となり商材の良さや技術力・その技術の裏付けや有効性・費用対効果まで、全てにおいて伝えなければなりません。

現場を主体としてきた当方ですが、人前で喋る初めの楽しさが未だ忘れられず、ワクワクが続いている今こそ集中的に技術を磨いています。もちろん緊張することもありますが・・・(笑)

そんな信田鈑金も遮熱事業への転換期、見違えるほどの問い合わせや現場調査を頂いております。現況では、企業様の環境改善・ランニングコスト削減に注目されていますが、最近多いのは畜産関係からの問い合わせであったり、事務所の冷房能力の限界値なんてのも。

熱を伝える企業として、どんな相談にも対応は致します。(出張デモは決定権のある方がいることが条件です)熱(遮熱)の事ならご相談ください。

信田鈑金はGoogleビジネスにも対応しています。近況の遮熱工事の写真や現状報告等いろいろな角度より

アップしています。先日もインサイトが初めて1万件を突破しました。見てくれている人に感謝しかありません。

今後も随時、写真や活動記録を伝えていきたいと思います。

遮熱材リフレクティックスは、トヨタ自動車にて工場環境改善で採用されています。

遮熱材リフレクティックスは、2020年5月のオール電化遮熱住宅にて電気代が4600円でした。

遮熱材リフレクティックスは、一般社団法人が施工と商材の管理を行っています。

まずは、体感よりお勧めいたします。