何を売るの?

昨日のブログでも少し触った言葉  相手の利益を考える。

周知活動を行い始めてから営業を受けることが多々あります。その営業さんから学んだ事・思う事両面を勉強させていただいています。以前までなら感じなかった事が自分の周知活動で取り入れる事が沢山ある事を思い知らされます。

いつも思う事は自分でも出来ていない事なのですぐ気付くのですが、相手の話を聴けていない。

相手が困っている所にどれだけ弊社の商材がどれ程寄り添えるか?又、有効な情報をどれだけ提供出来るかが焦点のはずなのに!商材の凄さばかり伝えている自分がいます。 呼ばれているならまだしも!こちらからお願いしている立場なら話になりません。 聞く・寄り添う事が感動につながる近道なのに。 このブログもそうですが見て頂けるように言葉を選びながら続けて行きたいです。

そんな営業さんにはいろいろなタイプな方がみえられます。

がつがつタイプ

天然タイプ

したたかタイプ

がつがつタイプは、その名の通りガツガツ来ます。こちらも機嫌がいいときは相手をいたしますがそうでない場合は・・・・・想像にお任せいたします。空気を読んでください。

天然タイプは、本当に自分の仕事、理解してる?うちに来て何を求めてる?こちらが心配いたします。

したたかタイプは、目標とする聴くことが得意なため頷くばかりで分かっているのか理解できません。しかしこちらが気持ち良くなる営業はこのタイプです。   

個人的見解の為、ご了承ください。

弊社に来る営業さんや担当様にいつも伝えている事があります。btobでの取引ですが関係性はctocですと。

信じているのは営業様や担当様の人間性。その領域がそぐわない方はお断りしていますし。求めてもいません。

以前あった話ですが、人として問題があったので抗議をいたしましたら!社長宛にご連絡させて頂き対応は所長に任せ!連絡はなく、

業界の葬儀で所長に会い挨拶をこちらからしても3m離れたところで無視されました。 悲しいです。

人間として問題があるので弊社は取引を一切お断りした事は正解であったと思います。  営業所のトップがその対応をする事を本社は知っているのでしょうか。

 

営業さんや担当さんは信頼を売っています。会社という看板の下で自分という信頼を売っています。

経営者の方々は理解されていますか? 人間なのでもちろん失敗もします。 守るのは会社の責任です。

 

他社の事を伝えてきましたが弊社も同じです。積み重ねた信頼をお届けしています。 今、新たな信頼をお届けしようとしています。

上記の事を踏まえて精進したいと思います。

聴くこと・・・・真剣です。