遮熱 よくある質問

遮熱材リフレクティックスでよくある質問をお答えしたいと思います。 リフレクティックスの事だけではなく・遮熱に関して弊社が直面して弊社が調べたことをお伝えしたいと思います。

 

遮熱塗料と何が違うの?

遮熱と言えば…エンドユーザー様に伺うと真っ先に出てくるのが塗料。 しかしメーカー様は遮熱性能説明しますが遮熱塗料と言う説明をしている企業様は稀です。

基本的に断熱塗料と言っています。 そうなのです、元々は断熱塗料が先にあった物を、遮熱性と言い始めたら売れたので遮熱という言葉が先行しています。 

また、別の言い方で言うと再帰性反射塗料。セラミックやガラスを塗料に混ぜて熱線を反射させる効果があると言っていますが、リフレクティックスの99%反射に対して高反射としか表示していない事から何%なのかは疑問です。

 

所詮人間が塗るので一定の塗膜は不可能かと思います。

 

宇宙産業で使用されていると言われますが間違ってはいないです。 

しかし、想像してください。

子供に宇宙の絵を描いて頂くと青い地球ロケットの絵をかきませんか? しかし宇宙へ行っているのは人工衛星です。

人工衛星を想像してください。人工衛星は金色のサーマルブランケットアルミ箔とポリイミド樹脂)で守られています。

ではどこに? ロケットの先端のフェアリングに断熱塗料として採用されています。

フェアリングは宇宙に行きますか?

あくまでも宇宙に行くのは人工衛星です。 高速で飛ぶロケットの先端部分を空気摩擦から守るもので決して太陽の熱線から守るものではありません。   摩擦熱と熱線の熱は別の次元です。

弊社の案件で相談が一番多いのは、遮熱塗料を施工したが全く効かないので何とかしてほしい! 生の声です。

 

ソーラーパネルを載せたら屋根面が涼しくなる?

ソーラーパネルを載せようと全く変わりません。 パネル自体が屋根構造物と同じなので太陽からの熱線を反射できない為に発熱体として屋根の上で同じ発熱を伴います。

最近住宅で全面ソーラーパネルの家がありますが、涼しければ!もっと住宅メーカーがこぞって開発するはずではないですか? 

実際に、愛知県豊川市の某工場で実際に計測しましたが何も変わらないデータが現実にあります。 

勿論、売電することは企業として助かりますが、屋根を全く触れなくなることをご承知ください。

 

外壁だけ遮熱してほしい。

弊社が二回お断りしている事です。 もちろんピンポイントの発熱体にパーテーション的なものは行いますが外壁に遮熱だけを施工しても全く意味がありません。屋根と同時なら問題はないのですが!

建物へ対する熱の輻射熱の方向性は下方(屋根面より)影響するパーセンテージは約93%

同様で上方への輻射熱の方向性では50~75%

同様で側方へは65~80%

ペンシルバニア大 スティーブン教授の論文です。

したがって、壁面を遮熱すると屋根面からの熱線が逃げなくなり求める遮熱効果が得られなくなります。熱線が大事なのです。

遮熱は屋根面を確実に行わないと意味がありません。

 

毎日暑さが続きます!遮熱がものをいう時期です!本領発揮します!本物しか答えは出ません!

大企業が弊社に来てくれます。体感しに来てくれます。本物がここにあります。