本物の検証

本日岐阜県では今季最高気温を記録しました。多治見市で38.6度と体温を超える気温です。気を付けてください。

先日から遮熱施工を行っている鶏舎のオーナー様よりうれしい御報告がありました。

今までとは全く別物だと、屋根からの暑さが全く無く、気温が上がりきっても採卵鶏の死亡に対してストレスが減ることを実感していますとご連絡を受けています。 

現場の声こそが力になり英断をして頂いた企業様に対して全力の協力をお約束いたします。

屋根の色がブルーになったにも関わらず鶏舎内の環境が変わったのです。 

頭の固い設計者や今までの無駄な経験値を変えられない人には意味が解らないと思います。

今まで通りの対応でよろしくお願い申し上げます。

 

 

今回の養鶏家の相談内容に去年の悪夢を教えて頂きそこを踏まえて対応させて頂きました。 

去年の猛暑日に停電が起きてファンと散水が停止して一晩にして1200羽もの採卵鶏が熱により亡くなったそうです。ファンと散水が無ければ採卵鶏が死んでしまうリスクに起業家としてお提案させて頂き、万が一停電が起きてもリスクに対応している鶏舎を求めていたそうです。

 

昨今の対応はエアコン・送風・冷水が対応策で何一つ養鶏家のコスト管理に反映されていない案件ばかりです。

卵の価格は約25年変わっていませんが、平均気温は2度も上昇しているにも関わらず鶏舎は何も変わりません。

変われるのに・飼われるのに・買われるのに・・・。

 

何事もそうですが、一番最初にその業界でご対応して頂いた企業様には最大限のご対応をさせていただきますが、商材を信じもせず他社の動向を伺いながら、他社商材をちらつかせて近寄る企業様に此方は協力する気はございません。技術の提供も一切お断りさせて頂いております。 本物は技術に裏付けがあります。

 

弊社では養豚業者様・乳牛畜産者様・肉牛畜産者様・シイタケ栽培者様・キャンピングカー製造業者様・流通BOX製造業者様・室内農業生産者様・果物農家様・その他熱に困っている生産者様に業界初であればご相談に伺います。もちろんご提案もさせていただきます。

試験的施工・施工協力・データ採り協力・生産協力とあらゆる可能性を、現行では解決できない事を遮熱の角度から提案させて頂きます。

今までの箱モノがどれだけ生産性が無い事なのかを証明して企業様の価値に技術として共有できればと思います。

コロナで失うものは無くなりました。今挑戦しないでいつ挑戦しますか? 既存の競争力は価格競争でしか解決できません。

働き方改革? 働きやすさ改革(動物や植物の)本物の証証明して見せます。