来ない台風

今年はどういった事か台風が来ません。もう九月だというのに本州に上陸したのは1個もありません。どういった事でしょうか?

板金屋を営む上で台風情報は大変重要です。

施工途中の物件では養生を完璧にしないと周りの家に迷惑をかけることになります。板金ですから飛んでいけば重大災害になるかもしれません。 年々強くなる台風には怖ささえ覚えますよね。

 

台風が板金屋にもたらすのは昔、儲かるなんて言われていましたが昨今では信用を失いかけない事ばかりです。普段は雨漏りしなくても台風の時こそ要注意です。掛かってくる電話が怖いなんて言っている板金屋さんには要注意してください。また逆にそんな時こそ板金屋さんに電話するのも妙案かもしれません。出来る板金屋さんかできない板金屋さんでは、声に正解が出ているのではないのでしょうか!

 

弊社は自信をもってお伝えしています。台風が来ても雨漏りの電話はかかってきません、建設会社の担当者は言います。

信田鈑金に頼むようになってから雨漏りが無くなったと! 

弊社は他社の雨漏りも調査から入ります。決してその場しのぎの対応は致しません。原因を追究しない雨漏り対策は意味がありません。

注意しないと大変なことになります。雨が洩れ続けると言いう事は木材も腐ってきます。下地から補修になれば補修金額もゼロが一つ変わることもあります。雨漏りは見て見ぬふりは駄目ですよ。

板金屋さんに相談ください。 直ぐにコーキングを塗る業者には信用はありません。

 

先日も、他社業者が施工した屋根からの雨漏りで、弊社は状況を確認して棟水切りの取り換え案をお伝えいたしました。

先方は簡単な処置を選択して一度は補修工事で事なきを得たと思いましたが!

結局は雨漏りも止まらず弊社に依頼が来て対応させて頂きました。

弊社は棟を新たに取り換えないこの雨漏りは止まらない事をお伝えいたしました。

原因は、過去の雨漏りでコーキングを塗りたくりどこから雨が侵入しているかが不明確なのと、ビスのパッキンが緩んでいたことが原因ではないかと思います。 

現に棟を取り換えてからはゲリラ豪雨時でも雨は漏っていません。的確な判断でした。

 

台風に備えは必要です。一度家の周りを見回ってみるのも効果的です。物事が起こってからでは職人も不足致します。

 

一番いいのは台風が来ない事こそ良いですよね。かすめる程度で今年は来ないでください。