出来ていますか?

先日も書かさせて頂きました。

弊社事案 昨年末の事業用トラックにる交通事故の事から皆様にもう一度だけ確認のためにお伝えしたいと思い、啓発も込めて想いを伝えたいと思います。

 

皆様は見通しの悪い交差点では、何をしなければいけないかをご存じですか?

横断歩道に歩行者がいるじょうたいではなのにをしなければいけないのかを本当にご存じですか?

こういったことをお伝えすると皆さんは口を揃えて言います。徐行!一時停止!

当たり前なのです。法律ですから!

しかし街を走っていると出来ていない方がほとんどです。特に横断歩道です、自転車が乗ったままの状態では止まらなくてもいいいとは言う方がみえられますが、自分の子供や親せきがその横断歩道にいたらと止まりませんか?

法律をかざすよりも自動車が横断歩道で事故を起こせば絶対的に自動車に過失割合が多い事はお解りですよね。

 

毎週のように横断歩道で事故が起き歩行者が救急車で運ばれたらそのほとんどの自動車運転手は現行犯逮捕です。

自動車運転手に怪我はほとんどありませんが、歩行者や自転車の方は重傷者が多数見えられます。

弊社の場合も相手の方は意識不明で搬送されました。一命は取り留めましたが…。

 

もう一度改めて考えませんか?

雨の日に通学途中で傘を差しながら子供たちが通学している状況でも車の大人が待つことは当たり前なのに!

見る光景は全く別の状況です。先ほども申しましたか自分の家族なら待ちませんか?

 

そんなに余裕がない時代ですか?

 

事故を起こした弊社が言うのもなんですが、弊社には一日一回ゆずるルールと横断歩道におけるルールが存在していました。

社用車を運転しているときはゆずるを基本に考える事・横断歩道に人がいるときは止まって渡らせること!

それでも事故は起きてしまったのです。 見通しの悪い交差点です。

 

地元の方は言いますその場所は事故が多い場所だと!

すぐ近くには岐阜県で2番目に交通事故が多い交差点もあります。

普段その場所を通る時に、従業員に夕方は気を付けるようにと伝えていましたが昼間の事は…。

 

起こってからはどうしようもありません。ただただ被害者の方が回復されることを願うだけなのです。

事故が起こり相談するにも誰にも相談相手がいませんでした、なぜか?

このような事故を起こした会社が周りになかったのです。。改めて事の重大さに気づかされました

 

従業員と何度も何度も話し合いました。当時の状況・その場の気持ち・相手の気持ちを何回も何回も言い聞かせるように。

誓った事は、被害者に対する謝罪の気持ち、絶対にこのような事故を減らす努力をする事。

 

先日の裁判でも検察の方から伝えられました!会社として何かしていますか?

勿論会議や話し合いは行っていましたが実務的な行動はなかったです。対応策は啓発活動。

 

社用車には目の見える所に注意喚起のステッカーを貼りました。もちろん全車に!

 

口では何でも言えますが行動が大切です。 横断歩道では歩行者がいたら止まらなければならないのです。

聞けば答えれるのではなく!行動が大切なのです。

岐阜県ではしましま作戦や11日がしましまの日と名づけて交通安全を啓発しています。

https://www.pref.gifu.lg.jp/police/gifuken-keisatu/ken-keisatsu/keisatsu-sho/gifukita-sho/oshirase/simasimas.html

皆様ももう一度注意して歩行者の安全に注意しましょう。