構想三年・築一年

構想三年の住宅に遮熱材リフレクティックスが採用されました。断熱材では考えらえなかった環境が出来ています。

雨模様の本日も無空調で1階の室温が28度!2階の室温が29度と大して変わらない環境が出来ていました。この時期に2階が暑くない環境があることを皆様に知っていただきたいのです。

この住宅は構想に3年を要し施工に1年の年月が掛かっています。墨隅まで考え抜かれた構想は建築に携わる弊社でも感心しきりの奥様想いの住宅。見えない所にまで家事の軽減を思う存分形になっていました。 

その環境の中に弊社が採用しているリフレクティックスが空間整調能力でランニングコスト削減・ヒートショック対策に最大限寄与している事を本日も確認してきました。

 

24畳のリビングもエアコン付けると一瞬で冷え冷えなのはお施主様が22畳用の最新エアコンを付けたからです。5分もたてば寒いくらいに冷えすぎな環境!2階から降りてくるときにはどの付近まで冷えているのかが解ります、感覚で言えば昔のお風呂を知っている方なら解りますよね。 住宅の中に熱の境界が解るんです。

 

たった8ミリの遮熱材リフレクティックスしか使っていない住宅は結露に対しても実証済です。快適環境はお任せください。

出せる範囲で情報をお見せすることも出来ます。

 

ここにきて台風がまとまって来ています甚大な被害が無いように皆さん事前の対応を早目に行ってください。

板金屋を商う上で台風はこの季節の厄介者です。養生や施工の遅れに段取りが直結するので心休まることはありません。おかげさまで弊社の施工物件での雨漏りは皆無です。

 

コロナに対する皆様の考え方が変わってきたのか仕事が動き出しています。年末に向けて皆が忙しくなると材料の段取りや職人の段取りが大変になりつつあります。事前にわかる事ならお伝えください。どこの板金屋も大変になります。板金屋は他の業種より少ないですよ!

 

夏が過ぎて板金業界にもようやく落ち着く時が来ました。真夏の作業は新人さんを苦しめます。夏を超えれない新人さんが沢山います。それほど板金業界は過酷な商売なのです。先日も屋根の上で20分と連続で作業が出来ない環境がありました。

本当にただただ立っているだけでふらふらになり足元から灼熱の暑さが伝わってきます。足元からの熱と太陽からの熱が体に伝わります。板金屋考えものです。

 

しかし板金屋さんは過酷なのと覚えることが沢山あるので競争相手・技術力は業界でも注目の的であるのは変わりありません。

一人前の職人に育つ(現場で納りが出来る)職人になるまでには年数を要します。しかし覚えてしまえば応用だけなので簡単でもあるのですが(o^―^o)ニコ

住宅の建設に板金屋ほど他の業種と取り合いがある業種は稀です。住宅のお医者さんと言っても過言ではありません。

一度覚えたら一生モノの技術 覚えてみませんか! 今だからこそ手に技術を持っていれば食べる事には困らないと思います。