体感から現実へ

リフレクティックスを体感しに来て頂いた企業様が契約頂き施工してきました。

ホームページから検索して頂き、問い合わせからご連絡を頂いた西濃地方の企業様は作業場所がエアコン2台でも作業が出来ない環境であったと言われます。弊社に体感に来て頂き、即見積もり調査依頼からの施工でした。

環境は規格品の作業場でしたが調査時の内壁温度は50度近く。昼からは作業が出来ない事を伝え聞き何とかなりませんかと相談でした。

規格品の倉庫であったために内張工法の経験があり自信をもって施工させて頂きました。

 

本日もお昼頃に再調査を確認がてら見せて頂き!エアコン二台で普通に作業されていました(o^―^o)ニコ評価は!十分に満足できるレベルであるとお墨付きを頂きました。エアコンも全開でなかった事実はお伝えしておきます。

情報の見える化は大切なことです。

 

先日名古屋のリフレクティックス代理店様とディナーミーティングをしてきました。リフレクティックスを扱う者同士の情報交換や施工事案の共有を今後とも行う事を打ち合わせ共に発展することで盛り上がってきました。

じつは代理店としては共通していなかったところはありましたが、井上塾の塾長と名古屋の代理店さんは昔からの知り合いで今回のミーティングになった次第です。世間は狭く知り合えたことは良かったと思います。

今週はいろいろと経験できない事ばかり経験させて頂きました。自分の世界の小ささにも思いはありますし、会社的にも一つの区切りを迎えれたと思います。まだまだころからの事もありますが今後の糧にしないといけません。現実を受け止めて、社会貢献を務めて行きたいと思います。

 

体感から現実へは遮熱の基本です。一度見れば納得いたします。