総理総裁

安部さんの急な降板により急遽行われた自民党総裁選、国民の想いとは裏腹に菅官房長官が派閥の枠を超えて自民党総裁に選ばれました。ここで面白いのが国民調査では石破茂元自民党幹事長が人気があり、菅さんは2位だったと言われています。岸田さんは特別定額給付金の時に自民党や自民幹部から肩透かしを食らった感じで今回は不利な状況であったことは皆さん気付いていた事と思います。

国会議員は自分の想いをいくら持っていても派閥政治で何もできない事は国民の皆さんが知っています。先日お会いした元国会議員の首長さんも同じ政治でもやっている感覚が全く違い国会議員の窮屈さや首長としての判断力がいる事を教えて頂きました。

 

国民が何を求めているのかは人それぞれで、やはり景気がいい方が良い訳でコロナ禍の窮屈感は全国民の想いだと思います。

では菅さんが何を政策として主体に持ってくるのか!今後の菅政権が国民から信頼されているのかがわかると思います。新たにお金をジャブジャブ配るのは辞めて頂きたいです。

今までの政権の行いは選挙が近くなれば色々なお金を国民にばらまき公然の選挙対策であった事は思う所です。今ここでばら撒く事よりも選挙にIT技術を導入して選挙に行くより携帯やパソコンで投票できるようになれば本当の国民の意見が届くと思いますが、投票率が上れば上がるほどどうなるのかは一度見てみたい反応ですよね。

菅政権の今後をこの目でしっかりと見て行きたいと思います。

 

一般社団法人 環境マテリアル推進機構 岐阜支部

熱源対策・熱源調査・環境調査の重要性をお伝えしています。また、新警報の解説や労働環境クールワークキャンペーンの解説・WBGT値の重要性を皆様に認識して頂くために活動しています。

年に数回の無料セミナー等行い啓発活動を行っています。

来年度から全国的に新警報(熱中症アラート)が発布され熱中症に対する考えが今の高温注意情報と180度変わります。

WBGT値 重要性が伝わり始めます。