最愛のトリちゃん

遮熱厩舎でいつも迎えてくれていたトリウンファラ牝 4歳 モンテロッソ産駒 母セインツプレイ  半弟のエアーポケットは今年度の西日本ダービーを笠松で快勝いたしました。これも何かの縁でしょう(o^―^o)ニコ

このトリウンファラが生まれたのが北海道浦河のは佐々木恵一牧場で代表馬には、1998年まで行われていた京都大障害(重賞)を勝利したネーハイタフネス等、数々の名馬が生まれている牧場である。

 

このトリちゃん!JRAではニューワールドレーシングからデビューも残念なタイムオーバーでJRAは卒業…。サラブレットオークションで笠松へと来たのであります。

 

地方競馬に来てからはセインツプレイの強靭なスタミナで長く強い足を使い栗本厩舎に3勝(200勝に区切りも)しました。

そんな彼女と出会ったのが一年半前!厩舎に行けば怯える馬ばかりですが彼女は全く違いました…人間が大好きなのです。

鼻を鳴らして呼ぶんです。 無茶苦茶可愛いのです。

 

 

そんな彼女に不運が訪れます。足元の不安でした。数か月の治療と様子見で調教師の先生も蹄葉炎ではないけれど回復の見込みが薄いと獣医さん共々の判断であったと思います。競走馬の宿命です。

書き出しで書いたように半弟の活躍がこの子の支えであったことは毎違いありません、繁殖牝馬への流れも期待があったはずです。その夢もかなう事なく退厩する事になりました。 牧場へ行くそうです。

 

出逢いがあれば別れがあります、もちろん覚悟はしていました。彼女が馬への恐怖心を解いてくれました・彼女は寂しさを忘れさせてくれました・彼女から元気を沢山頂きました。 ありがとうトリウンファラ・素敵な想いでは心の中にしまっておきます。

彼女と出会わせてくれた調教師様・馬主様・厩務員様 ありがとうございます。 

いつか馬主になり、恩返しが出来るように頑張ります。

トリちゃんはいつまでも俺の彼女です。