リフレクティックスの性能

遮熱材リフレクティックスはアメリカで製造されている商材です。

寒冷地のカナダで生まれアメリカで生産されて日本に輸入されてから日本仕様に変更されて現在があります。ここで注意してほしいのが!並行輸入はリフレクティックス社は認めていませんしアメリカで流通しているリフレクティックスと日本仕様のリフレクティックスは全く違います。 詳しくは書けませんが本部も認めている事実なのでご注意願います。 

本物はこの品番で始まります DB48125

 

このリフレクティックス!

 

省エネ率63% 冷暖房エネルギーを最大89%削減した実績があります。

リフレクティックスは空調管理されている建物に絶大な効果を発揮いたします。真夏に空調を全力で回しても効かない空間・冬に空調やストーブで温め続けないといけない空間を一定の室温にに保つ能力は、施工した企業様からはランニングコストやイニシャルコスト(空調にかかる毎年のコスト)で絶大な恩恵が理解されています。 他社との競争力は他社に明かさないものですよね。

 

熱反射率99% 高純度アルミ箔(99.999%)により電磁波領域の遠赤外線を99%反射いたします。

純度の高いアルミ箔・7.2ミクロン・光沢率を上げたアルミ箔は熱線を反射いたします。アルミニウムは熱伝導では最強に早い金属ですが極限まで薄くしたアルミ箔は熱を持つ事が出来ません。反射するしかなくなるのです。

 

断熱材0の住宅が実現いたします 建設業界の常識を覆す 新しい建物作り! 再利用できる商材なのです。

日本の住宅は断熱材ありきで建設されてきました。言葉では断熱と書いても暑さ寒さは変わらない住宅が存在します。勿論断熱材を厚くすれば熱移動が遅くなり暑さは届きにくくなりますが!温まった断熱材は冷える事にもエネルギーも大量に消費いたします。

真夏に空調を付けたり消したりしないようにと言われるのは!断熱材を一度冷やしたらその状態を保たないと断熱材が温まり再度空調が全力で回りコストがかかるからと言われています。

リフレクティックスではそのようなことはありません。 設定温度次第ですが真夏の40畳の工場空間(屋根折版・外壁角波)が10畳用のエアコンで快適になるのは弊社遮熱工場での現実です。

体感が確実に考え方を変えてくれます。 

燃える断熱材を使いますか?8mmで驚愕の効果がある遮熱材を比べますか?