行動

新しい事を思いついたり想像したことを具現化するときに何をしますか?形にするうえで行動なくして物事に始まりは生まれません。成功する事を想像して行動するのですが、失敗は絶対に起こりうるものです、失敗を失敗と捉えるのではなく成功への通過点として捉えれば何も思う事が無くなるのではないですか!どんな成功者や達成者にも成功や達成するに辺り回り道が無かったかと言えば違うと思います。 成功の定義も個人の感情一つなので周りからそう見られていても本人は気付くことも無いかもしれません。

 

物事を始めるときには行動しなければなりません、もちろん進むべき道への行動も大切ですが、来た道を整理する事も重要ではないですか? 決断 決めて断つことも重要だと思います。 何かをやりながらそのことに集中する事が出来る人ならいいのですが、

二兎追うものは一頭も得ず

ことわざが示す通りだと思います。 その人の本気度が伝わらないものに相手が何を思うのか! 着いてゆけるのか・信じる事が出来るのか・そのもの自体を信じれるのか?不思議になりませんか。信じる人の本気度こそ信用に値する事が。

 

弊社が遮熱事業を進めるに辺り工事事業を約半数に縮小しました。経営的には大変厳しいものだと自負しておりましたが、板金工事を減らさずしてこの遮熱事業を進めてくうえで中途半端になる事だけは避けたかったと思ったからです。 半数でも完璧にこなせない事や想い通りに出来ない事が多々ありますが、遮熱工事の現状は今期も順調に施工実績を積み上げさせていただき感謝しかありません。

寒さこそ強い遮熱材を周知できればと思います。

 

行動と決断は隣り合わせさだと思います。後ろを振り返らず決めて動かないものには未来があるとは思えません、もちろん土台は必要だと思いますが、現在の経済状況やコロナで変わりつつある状況について行かなければいけませんし、動かない事こそ問題なのではないですか? 守るよりも責める事こそ生きて行く糧を見出せるのではと思います。

 

失敗しても良いのです・次にさえ繋がれば、失敗が失敗で無くなるから! 本物こそ信用に値する事を。