全国の遮熱仲間

遮熱施工をする仲間は全国にいます、もちろん遠くは沖縄から北海道まで遮熱仲間がいるんです。

中部地区も例外でなく沢山の代理店・認定施工店がいます。ちなみに日本で一番施工している代理店さんも中部地区に見えられます。

 

弊社は岐阜県にて代理店を行っています。ちなみに岐阜県を弊社の認定施工店がほぼ網羅していますので岐阜県でのご用命はお任せくださいね。 

 

弊社にはありがたいお話で全国の代理店や認定施工店の方から施工事案や工法について目で見えることを中心に相談が来ます。実際に遠方より足を運ばれてご来社される方が先日も静岡県より見えられました。

実際のデモンストレーションの仕方や遮熱施工状況・過去の案件のフィードバックをお伝えさせて頂きました。熱心な方にはコチラも真剣になります。 行動している遮熱施工者に注目してくださいね。

 

今年も涼しい季節になってきましたが、今年暑さで困った企業様からは未だに問い合わせが多々あります。作業環境改善よりも消費電力をデマンドコントロールでも改善できない企業様が最後の手段として気付き施工されます。

SDGsが持続可能な開発目標を唱えるように今までのランニングコスト削減案件では企業のイニシャルコストに対する環境への目標は、実際に達成できるかと言えば、???であったはずです。

 

今までの考え方(やってる・言ってる)だけでは今後の環境対策には全く見意味だという事を今後知るでしょう。

これからの環境対策やSDGsではどれだけ従業員と企業自身が推進しているかが企業として問われます。行動がすべてなのです。

 

熱中症アラートも来年度からは全国事案!高温注意情報しか知らない方には一度調べたほうがいいと思います。輻射熱と湿度の相対性が重要になってきます。 熱への皆様が持つ概念が変わり始めています。

 

先日、宇宙飛行士の野口さんがロケットで宇宙ステーションへ旅立ちました。

宇宙ステーションでは太陽側の表面温度は100度を超え日陰側の表面温度はマイナス150度になります。真空である宇宙空間でも熱線は通過できるのです。太陽の熱はどこにも届いていません。ご存じでしたか? 遮熱材は使われていませんが!遮熱技術は同じなのです。

宇宙に遮熱塗料は無意味な事もお伝えしておきます。