リフレッシュ

年末に向けて忙しくなるこの時期、コロナ第三波が来ていますが以前から計画していましたリフレッシュに九州へ来ています。

ただ単に旅行ではなく地域の状況や景気を肌で感じる事は大切だと思います。活気ある博多はいつ来ても飽きることはありません。

 

今回の旅行では食に対して行動を企画いたしました、もつ鍋・水炊き・めんたい重と希望の物を食すことが出来たと思います。地元に帰って水炊きの店を探してみたいと思います。この感じた味が地元でも再現されているのかを感じてみたいのと、もしなければ伝えたい味であると思います。

 

コロナで経済が困窮しても衣・食・住のうち食は落とすことは生活にに支障が直結します。我慢が効かないのが食なのです、40台の自分たちは子供のころに水やお茶を買う習慣はありませんでしたが今では抵抗なく購入します。慣れてきているのと、こだわりを持ち始めていることがあります。食はそれ程重要になっているです。感じませんか?

 

九州ではコロナ患者は一定を保っています。町でマスクを着けていない人は見ることはありません。意識の高さがうかがえます!地元に帰って観察したいです。意識の高さを

 

九州にはまだまだ美味しいものが沢山あります。今回の旅では時間の関係で行けない所ばかりですが名古屋からでも飛行機で一時間!ホテルと飛行機代でも20000円あればおつりが来ます。クーポンも7000円付く所も魅力です。皆さんもどうですか?

コロナで動きが停滞しても経済は回りません。勿論、医療従事者様の努力には頭が下がります。ですが見えないウイルスには人間は勝つことは出来ません。共に生きて行けなければならないと思います。