夢の続き

いつも大変お世話になっている笠松競馬厩舎地区・栗本陽一厩舎様

遮熱が馬の環境に良いと思い、出会った時に協力させてほしいと懇願したら一瞬でOKを出し、環境調査や競走馬の管理状況を逐一報告して遮熱材が競走馬に有効であると認めてくれている調教師さんの一人です。特に夏の環境では競走馬の飲む水の量が40Lくらい違うそうで調教師さん自体もビックリされていました。普段、夏負けする個体が乗り切れたにもかかわらず、入着した事には本当に驚いたそうです。 

今後ともご協力の程、宜しくお願いするとともに笠松競馬場に足を運び頂き競馬の良さも体感して頂けると幸いです。

 

そんな栗本厩舎に物凄い馬がいるんです。笠松競馬と言えばオグリキャップ!平成の怪物と、言われ地方競馬から中央競馬へ殴り込み数々のG1レースで勝利して競馬ブームの立役者!知らない人はいない競走馬でした。

オグリの冠が付く競走馬は現役ではオグリグラス牝9歳しかいないのです。数年前までは数頭いたのですが小栗孝一オーナー様が逝去されてからは身内の方が馬主資格を取り競走馬を管理していたのですが競走馬も年齢を取るにつれ引退して行きます。

 

そんなオグリグラスとの出会いは、厩舎に伺い始めたときに調教師の先生の前で一本の電話から始まりました。オーナーサイドが知らない所でオグリグラスはエサだけ付けてもらいながら約二年もレースから遠ざかっていたのです。

初めて会った時には葦毛の馬体が印象で大人しいの素人の自分が見ても一目でわかります。人間が大好きで、近寄れば必ず近寄ってきます。もっと可愛いのはエサを少しづつしか食べずレディーそのものなのです。

 

そんなオグリグラスも来年10歳になり競走馬としても潮時の時期になります。馬主資格がない自分でももし飼えるなら飼いたいと思うくらい可愛いのです。

そんな彼女が先週のサラブレットオークションに出品されました、オーナー様が馬主資格を返上されるそうで最後のオグリグラスをどうにか繋ぐ一心であったと思います(推測) オークションの時には気になり常に見ていましたが!早々に20万円という値段が付き一安心出来ました。

 

その彼女ともお別れの時が来ると思っていた矢先に!調教師の先生から連絡が!普段可愛がっている事を知っていたためにわざわざ連絡をくれたのです。ありがとうございます。

オグリグラスは年内は笠松で走ります。当厩舎です。(#^^#) 逢える(o^―^o)ニコ

続きがありました!!! 来年は北海道で繁殖に行くそうです(o^―^o)ニコ(o^―^o)ニコ

繋がったのです! グラスの子供が見れる日が来るのです! 馬柱にオグリグラスと名前が付くかもしれません!

 

競馬の醍醐味です! ブラットスポーツ  夢への一歩が始まりそうです。

 

良かったねグラス! 

逢いに行くね笠松にも北海道にも!

 

北海道で逢いたい馬が沢山います・セインツプレイ・ダンカーク・フリオーソ

心の中に常に一緒にいます トリウンファラ

夢が続くよう無事に競走馬生活を終えれますように

皆さんも応援してくださいね。