周りが見えているのに本人は気付いていない

本人が気づいていなくても周りからは良く見える事があります。悪い事も良い事も見えていることを気付きながら行動しなくてはいけません。勿論、他人が見て不快に思う事と思わない事がありますが、人間は印象1つで良い方向と悪い方向に見られることがあると思います。普段からの行動に気を付けなければなりません。

 

ブログのタイトルをとらえ方ひとつで色々な意味に捉えれると思います、灯台下暗し的な意味合いから天然的な考え方の持ち主まで考えさせられますよね!今日は、灯台下暗し的な考え方で進めたいと思います。

人は、助けたい・何とか変えたい時には意見を伝えて意思表示をします。意思表示の仕方も多種多様であるとともに、伝える表現も個人差があり難しくなると思います。伝えれる人も限られたり難しい話ほど慎重にならなければなりません。

勿論、とらえる方も相手が何を言っているのかを考えなければならず意思表示なのか忠告なのかを考えなければなりません。

 

意思表示程度でも対応を誤れば相手は考えを膨らまし思わぬ方向へ事が進んでいく事もあると思います。

自分を知り、人の意見に真摯に耳を傾けて行動は自分で決める物!しかしその行動に周りは最良のヒントを出してくれている現実を受け止めてください。知らないのは自分だけ 知らないふりをするのも自分だけ

守るものは意見を言ってくれる人ではないですか?