遮熱工事は事前に行わなければ意味がありません。

暑くなると遮熱を意識して寒くなると暖房を意識してませんか!寒くなっても遮熱なんです。

熱移動の三原則 伝導・対流・輻射  住環境において熱移動の割合は75%が輻射熱移動という事を知っていましたか?

伝導熱・対流熱移動に対応できるのは断熱材しかありません???25%にしか対応できていないんです。ちなみに伝導熱移動は断熱工法・対流熱移動は通気工法です。 輻射熱移動には遮熱材しか対応できません、住宅会社が伝えない事なんです。気密で守るという方も見えられますが機密値は日がたつに変わりゆく事は普通の状況なのです。

日本の住宅はたった25%の熱にしか対応していない事が証明されているにも関わらず法律が断熱材を推し進め、夏は暑く冬に寒い住宅しか作れない現状を理解してください。寒くないと言われる方はもっと寒くない住宅が存在いたします。 遮熱住宅は、昨日の外気温2度の日にも無暖房で朝6時の状況で14度も室内温度があったそうです。

 

基本的に断熱材は熱を通します(熱線を通す) 

日陰に体を置き日向に手だけ出せば温かく感じるのは手に熱線が当たっているからでその場所の気温は全く変わらない筈です。熱線が分子を振動させて熱を反射しています。

遮熱材は熱を通しません。(遮熱)

熱線自体を反射するから熱が入らないんです。全くではありません、物体分子で出来ている物からは熱線が放出されているので外部からの熱線さえ遮れば良いのです。 寒いときには冷えた熱線が反射しているので冷えた熱線さえ遮れば温かい空間を保てるのです。

絶対零度はー273度です。分子が振動しなくなり輻射熱を放出できなくなる温度なのです。

 

冬こそ遮熱材は有効なのです。勿論夏も有効ですが冷房ではないので空調が必要です。冬なら必ず暖房を使います。少量の熱源が空間を温め続けます。 体感しに来てください。

 

寒くなる前に。暑くなる前こそ遮熱工事は重要です。暑いと作業が出来ません。皆様にお願いしています。