遮熱工事の問い合わせが今年は多いです。

今年の遮熱工事の問い合わせがものすごく多いです。デモンストレーション依頼が多いので簡単にこの場をお借りしてご説明させて頂きます。

弊社が伺えるのは、一時間圏内がほとんどです。二名で伺い約一時間半のデモンストレーションを行わせて頂き、30分質疑応答や現状確認をさせて頂きます。

弊社が伺う前に、何人が参加されるのか?決定権者様は参加されるのか?をうか伺います。

100Vの電源をお借りいたします、プロジェクター・スクリーンは弊社にもありますが、あるようでしたらお借りしたいです。

午前10時または午後1時スタートのどちらかを選択して頂きます。

 

最近多い相談ですが!ソーラーパネルを屋根に施工してありますが遮熱をしたい!!!

遮熱塗料を塗ったが全く意味がなかった!!! 遮熱できますか?

 

室内側から施工できるのであれば工場作業を止めて頂き、機械設備の養生・施工用足場・電気s、消火・防火設備の脱着があります。

ですので1000㎡未満の工場であればこちらのが施工確率は上がります。

屋根上施工(工場作業を止めずに)遮熱施工をする場合は、ソーラーパネルは専門業者にて脱着させて頂きます。

屋根上の遮熱施工には上屋根の新設がカギになります。リフレクティックスを表しで納めることはありません。

遮熱+屋根の施工になります。

 

一番お値打ちなのが新築物件・リフォーム物件で内装の上の空間で遮熱施工する事が一番コスト的にも有効です。

これからの時代、大企業が進めているCO2削減・カーボンニュートラル・SDGSには本当の省エネでなければなりません。

ランニングコストが掛かる事にはCO2削減は出来ないのです。

弊社がご提案させて頂いた企業様が未だに遮熱施工を迷いこのHPをご覧になっているのであれば今しかチャンスはありません。

忙しくなってから依頼が来ましても順番です。この夏、省エネの補助金が出ることは確実と言われています。

今こそチャンスです。