遮熱のお問い合わせが急増しています(o^―^o)ニコ 本当のコストの掛け方

有難いお話を沢山頂いています。

暑くなれば暑くなるほど我慢が出来る物ではありません。最近の傾向をお伝えいたします。

屋根に遮熱塗料を数年前に塗ったが効きが悪くなった!

この様に言われるお施主様が沢山見えられます!普通に考えてください!!!

塗料で熱が抑えれるなら何故!車に使われないのですか!ボディーの裏面でもいいのではないですか?

全く効果が無いとは言いませんが(プールサイドとかなら有効と思います)熱で収縮する鋼板の上に塗装しても収縮率が違うので意味がありません。調査に伺い効果があると言ったお施主様を見た事がありません。

何故、遮熱塗料という事を辞めて!断熱塗料と言い始めたのか説明が聞きたいです。

注意! 安価な遮熱などあるわけがありません。 私共がご提供する遮熱材が高いとも思っていません。費用対効果は塗料と比べれるものではありません。全く効かないものと比べられたくありません。

屋根の上にシートを貼り空調も新品にした事で対応が出来ると思っていた!

シートで遮熱が出来るならシート倉庫がもっと普及するはずです。全く何も知らない営業さんが私共の遮熱施工の金額を聞き、自分達の言い値でお施主様に全く効かないシートで涼しくなると言い、工場内の室温が3―5度下がると言い!!!契約をすり替えて行きます。

 

ここで本題をお伝えいたします。

シートや塗料で輻射熱が防げますか?と聞いてみてください。レコーダーを録音しながら!!!

例え工場内が5度下がっても輻射熱を防げなければ!!!暑さは変わりません!!!

 

先日施工させて頂いた物件のサーモカメラの画像をご覧ください。

6月8日最高気温31度!午後三時の工場内の天井温度です。

外気温と一緒ですよね 全く暑くないんです。

 

隣の工場です。

屋根から放射される輻射熱で暑苦しいんです。天井が電気ストーブの状態なんです。

師の輻射熱を浴びている段ボール

一番上が暑いですよね!!!人間でも一緒なんです。

輻射熱さえなければ涼しい空間を保つことが可能です。冷やすことも簡単です。

暖めることも簡単なんです。

体感すれば解ります。

 

40畳の工場で10畳用のエアコンが効きます。20人のデモンストレーションでも効いていました。

弊社では未だにエアコンを付けていません。まだまだ暑くないんです。遮熱工場ですから。

本当の費用対効果を見に来てください。

本物の遮熱を見に来てください。

この凄さ来た人にだけお伝えいたします。